ピルを飲むと将来妊娠できなくなる?ピルと妊娠の関係を解説します

高い避妊効果がある低用量ピル。
薬の影響で、「飲み続けると将来妊娠しにくくなる」というイメージを持っている人もいるかもしれません。

しかし、ピルを長期間服用しても将来の妊娠しにくくなるということはありません。
今回は、ピルの服用と妊娠の関係について解説していきます。

ピルを飲むと将来妊娠しにくくなる?

まず、ピルを服用することで「妊娠しにくくなる」ということはありません。
ピルは脳に「妊娠した」と錯覚させるだけで、妊娠する機能をなくすわけではないのです。
ピルはホルモン量を調整し、排卵を抑制することで高い避妊効果が得られるお薬です。

排卵が抑制されるのは服用している間だけで、服用をやめればまた排卵が起き、妊娠できる状態になります
ピルの影響で卵巣や卵子の性質が変わり、妊娠しにくくなるということもありません。

長期間服用していた場合も、妊娠しにくくなるということはない安全性の高いお薬です。

ピルは卵巣を休ませる効果も!

ピルを飲んでいる間は排卵が止まるので、卵巣を休ませる効果が期待できます。
これにより卵巣の健康状態が維持され、卵巣がんにかかるリスクも下がります

卵巣年齢が若くなったり、格段に妊娠しやすくなるというわけではありませんが、卵巣が良好な状態に保たれるのは嬉しいですよね。

ピルをやめてから排卵が起こるまで

ピルの服用をやめてから排卵が再開するまでの期間は個人差がありますが、すぐに再開することが多いです。
なかなか排卵が再開せず生理がこなかったり、周期が不安定になることもありますが、ほとんどの人が半年以内に正常な周期に戻るといわれています

また、妊娠をした場合に胎児にも薬の影響などはありません。

まとめ

ピルを服用しているからといって、将来妊娠ができなくなるということではありません。

ピルは「将来妊娠したい」と考えている人も安心して服用できるお薬です。
ご自身のライフプランに合わせて、ピルを活用してくださいね。

ピルにまつわる疑問や不安は、スマルナ医療相談室で無料で相談が可能です。

ピルをはじめませんか?無料で相談する

この記事をシェアする

ピルを飲むと将来妊娠できなくなる?ピルと妊娠の関係を解説します

All articles

すべての記事

ピルの休薬期間とは?服用していないのに生理が来ないのはなぜ?

生理周期を知ろう:どうやって数える?すぐに試せる健康チェック!

生理はどうして巡ってくるの?:生理周期の秘密について

記事一覧へ