アフターピルを飲んだ後のセックス:いつからOK?しばらく待った方がいい?

避妊に失敗したときに、頼れるのがアフターピル。
アフターピルを飲んだ後、気になるところとしては「避妊効果はあるのか?」「セックスはしばらく控えるべきなのか?」ということ。
今回は、アフターピル服用後の適切なセックスの開始時期や、セックスの際の注意点について説明していきます。

アフターピル服用後のセックスは「避妊成功」を確認してから

アフターピル服用後は、妊娠検査薬で避妊成功を確認できるまでセックスを控えるのが基本とされています。
アフターピル服用から3週間後に妊娠検査薬で検査をし、避妊の成功を確かめるようにしましょう。

※「消退出血」が確認できたら、ひとまず妊娠を阻止できたと考えられますが、「消退出血」は「不正出血」と区別がつきにくいので、出血があってもなくても、必ず妊娠検査薬は試しましょう!

アフターピルには排卵の抑制や排卵を遅らせる効果があると言われており、アフターピルを服用することで排卵のタイミングが普段の生理周期とは変わります。
アフターピル服用後、避妊成功を確認する前にセックスを行い排卵のタイミングが重なった場合、妊娠する可能性があるので注意が必要です。

どうしてもセックスを控えられないという場合は、必ずコンドームなどで確実に避妊を行うようにしましょう。

アフターピル服用後に避妊効果はない

「アフターピルを飲んだ後の数日間は避妊しなくても大丈夫!」というのは大きな誤解。

ここで注意したいのは、アフターピルはあくまで、妊娠の可能性が高いセックスの「後」に飲む緊急用のお薬。アフターピル服用後、お薬による避妊効果はありません

そのため、「妊娠が心配だから事前に飲もう」という行動や、「アフターピルを飲んだからしばらく避妊しなくて大丈夫」という考え方はとても危険です。

妊娠検査薬で避妊成功を確認する前に、妊娠の可能性があるセックスを繰り返さないよう、十分に注意しましょう。

低用量ピルで継続的に確実な避妊を

継続的かつ、より確実な避妊方法として「低用量ピル」の服用という選択肢があります。

低用量ピルは、アフターピルのように1錠に多くのホルモンを含むお薬ではなく、毎日少しずつホルモンを摂取して排卵を抑制していきます。
身体への負担も比較的少なく、常に避妊効果を得たい方には適した避妊方法と言えるでしょう。

低用量ピルを正しく服用すれば、99.7%の避妊効果を得ることができます
これは、低用量ピルを1年間服用した女性1,000人のうち、妊娠するのは約3人ということ。

コンドームも正しく使えば約98%の避妊効果がありますが、実際は破れたり、正しくつけることができなかったりして、平均的な避妊率は約87%と言われています。

低用量ピルの方がずっと避妊効果が高いことが分かりますね!

また、低用量ピルはPMS・生理痛・生理周期の改善や、生理日移動、ニキビや肌荒れの改善など、日常生活を快適にしてくれる効果も期待できるお薬です。

危険性はほとんどない薬でありますが、安全に服用するため、服用を検討する際には、一度医師に相談してみましょう。

スマルナ医療相談室では、無料でピルについての疑問を質問できますので、ぜひ活用してみてくださいね。

▼低用量ピルについて相談してみる

ピルをはじめませんか?無料で相談する

まとめ

アフターピル服用後に1番大切なことは、避妊効果が得られたかどうかを確実に確認することです。
アフターピル服用から3週間後に、妊娠検査薬で避妊成功を確認できるまで、セックスは控えましょう。どうしても避けられないときはコンドームなどで確実に避妊をしてください。

「スマルナ医療相談室」では、無料相談で詳しくお話を伺っています。
アフターピル服用後の過ごし方や、低用量ピルについてご質問ありましたら、お気軽にご相談ください。

この記事をシェアする

アフターピルを飲んだ後のセックス:いつからOK?しばらく待った方がいい?

All articles

すべての記事

ピルの休薬期間とは?服用していないのに生理が来ないのはなぜ?

生理周期を知ろう:どうやって数える?すぐに試せる健康チェック!

生理はどうして巡ってくるの?:生理周期の秘密について

記事一覧へ